9398737516_8b3b7047e7_z

女性のためのというわけではないですが、ダイエットに向いているプロテインといえばソイプロテインです。
一般的なムキムキ系のプロテインはホエイプロテインやカゼインプロテインと呼ばれ、筋力上昇や筋肥大をサポートするタンパク質としては大変優れていますが、摂取の方法によっては、体脂肪をあげてしまう可能性があります。

ソイプロテインの成分は大豆イソフラボン

ソイプロテインの元になっている、大豆の成分・イソフラボン。
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に構造がとてもよく似ています。エストロゲンは以下のような働きをする、女性に必要なホルモンです。

《エストロゲンの主な働き》

  • 子宮・卵巣・乳房の働きを活発にする
  • 骨を丈夫にする
  • 肌や髪のツヤやハリを保つ
  • 子宮内膜を増殖させる
  • コレステロールのバランスを整える
  • 脳の血流を増やし、脳の働きを保つなど

イソフラボンは、加齢とともに減少するエストロゲンの働きを助け、乱れがちなホルモンバランスを整えてくれます。
まさに、大豆由来のソイプロテインは女性のためのプロテインといえます。また、イソフラボンの様々な効能から、近年では健康食品としても注目を集めています。

もちろん、女性だけでなく男性にも効果的です。大豆プロテインは、前立腺肥大や前立腺がんを防いだり、男性ホルモンの過剰分泌を抑えて薄毛を防ぐ効果もあるとされています。

ソイプロテインの取り扱いについて

16305927871_0d160ec50e_o

ダイエットに適したプロテイン選び

ソイプロテインが女性に効果的な成分が含まれ、ダイエット効果を与えること理解いただけたでしょうか。

それでも、たくさんの商品に「ウェイトダウン」や「ダイエット向け」…など、どれを選んで良いのか本当に迷ってしまいます。
もちろん、商品の表示も参考にはなりますが、大事な基準はやはり含まれる成分です。プロテインを選ぶときにチェックするポイントは、以下の2つです。

タンパク質の種類と含有量

ダイエットの基本はソイプロテイン。脂肪になりにくい大豆由来のプロテインを選びましょう。また、タンパク質含有量が高いほど、効果的です。タンパク質含有量80パーセント以上のものを選びましょう。

脂質の含有量

プロテインは脂質をほとんど含まないので、あまり神経質になる必要はありませんが、できるだけ脂質の低いものを選びましょう。1回の摂取で脂質が1.5g以下のものが好ましいです。

 

プロテインの摂取方法やタイミング

4425926011_87f7b64fc5_z

運動や筋力トレーニングをすることで筋肉は破壊されてしまいます。運動後にプロテインを摂取することで、破壊された筋肉の修復を素早く行います。その場合は運動後30分以内に摂取することがベストタイミングです。
また、寝ている間にも筋肉は失われていきます。睡眠中の筋肉の損傷を防ぐために、寝る前にも摂取しましょう。寝る前に飲むときは、吸収を抑えて効果を持続させるために、牛乳に溶かして飲むことをオススメします。

プロテインを使ってダイエットを効果的に行うためには、以下のタイミングに摂取するように心がけましょう。

  1. 食事の前に摂取して、食事量を減らす。
  2. 間食を減らし、食間にプロテインを摂取する。

もちろん、毎日の摂取を習慣にするのは中々大変なもの。プレッシャーにならないようにいきなりガッチリしたルールを決めすに、プロテインを楽しむことが継続するポイントです。